東京家さがしの10のコツ!自分の予算で住めるベストな家の探し方!

  • 2019年11月16日
  • 2020年1月2日
  • Tips

いざ、東京で暮らす!

そんな人に向けて公開しない賃貸選びのヒントをまとめてみました。これから賃貸を探すという方は是非見てください!

まずは予算を決めよう!

一人暮らしにかかる費用ってどれくらいか知ってますか?

会社にせよ、大学にせよ寮があればそれが一番安価に住まう方法ではありますが、賃貸となるとどれくらいが適正なのか。

収入がある人は、基本的には月の収入の30~35%が目安と言われています。月の収入が20万なら、だいたい7万円前後の賃貸を借りるのが良いと言うことですね。

東京都内で7万円前後で住む場所を探す場合、少し目的駅から遠い場所を選ぶと設備の良い家を借りられるでしょう。
目的駅が栄えていれば栄えているほど、その駅に近い場所の家を借りようとすると古い設備になっていきます。

ざっくりですが東京都内で

  • 住宅地で、駅から離れている(徒歩15分)
  • 築年数15年以内
  • 広さ25㎡
  • バス・トイレ別

上記の条件だけでもすぐに7万円を超えてしまうほどです。もちろん主要都市から離れればより家賃を抑えることが出来ますが、やはり東京の賃貸は地方よりは高いという認識は必要でしょう。

もしルームシェアなどが苦手でなければ一緒に住む人を探し、より安価に賃料を抑えるという手もあります。

知っておこう東京の物件事情!

私が地方に住んでいた頃は、1Kでバス・トイレ別、オール電化、築年数10年程4万円ほどの賃貸を借りて一人暮らしをしていました。

仮に同じ広さ、同じ条件を東京で探したら「まぁプラス2万円くらいかなぁ~?」なんて考えていたんですが、ものすごく甘い考えでした!

交通の便がよく、スーパーも大型量販店も近い好条件の立地が気に入り思い切って部屋を借りてみたものの、家賃が倍の8万円になってしまいました!

しかもそれだけではなく

  • 広さが半分以下!
  • 風呂トイレが一緒!
  • キッチンが激せま!
  • 悲しいほどの収納のなさ!

と、住み始めてからあれよあれよと欠点が気になってしまい、半年ほどで立地条件を見直して引っ越しをし直すことに。

繰り返しになりますが、もちろん場所を選べば同じ8万円でももう少しいい条件の家が見つかると思います。利便性を取るか、家の快適さを取るか、はたまた賃料を下げるのか…。
すべて取るのは難しいので、そこは最初から考えておきましょう。

不動産屋に行くメリットは?ネットに乗っている情報が全てじゃない!

東京は人がたくさん暮らしています。ということは、住まう部屋もたくさん用意されているということ!

多くの部屋の中から自分の目的にあった部屋を探すのは大変です。賃貸を探すためのサービスもたくさんあります。

不動産情報探しの最大手!「SUUMO」で住宅を探そう!
5

不動産情報探しの最大手!たくさんの情報からお気に入りの物件がきっと見つかる!

しかし、数多く物件を探すサイトはありますが、複数を使い分けてそれぞれ比較するのはあまり意味がありません。

不動産の情報というのは、多くの会社に共有されているため、だいたい乗っている情報が似通っているのです。さらにWeb上の情報はリアルタイムに変わっていくわけではないので、イイと思った物件が次の瞬間には埋まっていることも…!

ネットの情報も確かに頼りになりますが、どういう物件に住みたいかイメージをふくらませるだけにして、不動産屋に行ったり、直接連絡をとって物件を紹介してもらうのが良いでしょう。

住みたい条件と予算を伝えれば、その場で直近たまたま空いたいい部屋を探して紹介してもらえる!なんていうこともあります!

内覧はしっかり行って、その部屋がどうしてその賃料なのか確認しよう!

中には予想外に安い値段で借りれる部屋も見つかると思います。だけど、即決断しないで、一呼吸おいてしっかり情報収集しましょう

なぜその物件が安いのかを調べたり、聞いてみたりしましょう。交通機関と距離があったり、スーパーから遠いという条件の他にも

– 夏暑く、冬寒い
– 湿気が溜まりやすく、結露しやすい
– 空気の廻りが悪い
– 埃っぽい
– 虫が入り込む

など、内覧しただけでは気づけないような要素もあります。アレルギーを持っている場合には、しっかり気をつけたい場所ですね。

そういった点を調べるにあたって、前の家主がどれくらい住んでたのか。空き家になってどれくらい立つのか。部屋の扱いについての情報を聞くことができれば推測しやすいと思います。

東京都内に住む場合、移動をどうするかが大事!

ちょっと目的の場所まで遠いけど安い家が見つかった!

でも、それだとちょっとまずいかもしれない。例えば移動費はどうでしょう?

その見つけた家から通勤・通学で電車を使う場合、おそらくですが朝方(8:30~9:30頃)に使うことになりますよね。その場合、最寄りの路線の混雑状況を調べておくとヒントになるかもしれません。

通勤・通学のたびに大きなストレスを感じる様になるかもしれませんし、そもそも移動費がかかりすぎるかもしれません。

朝のライフワークと噛み合うような場所を条件にして探すように意識しましょう!

東京で安い物件を探すコツ

施設が整っていて、交通の便が優れていると賃料は高くなります。しかし、賃料が高そうな場所でもポイントポイントで穴場の賃貸があったりします。

そういった場所が多い条件は限られていて

  • 少し離れた場所が住宅地になっている
  • 大学生が多く集まる
  • お店は多いけど、大規模な商業施設が無い

といった具合の場所は比較的安い傾向にあります。

東京で西側だと、中野駅や、吉祥寺駅。中央だと駒込駅。東側だと大島駅などの雰囲気を参考にしてみてください!

東京の23区外だってオススメ!

移動時間をそれほど苦なく過ごせる。在宅ワークで東京に行くことはあるけど頻度が多くない。って方もいると思います。そんな方々におすすめしたいのは東京の西側、23区外のエリアです。

23区から距離が開けばどんどん活気が失われる…というわけではなく、十分に栄えた街が多いです。特に生活に困るような場所ではないので、都心からは遠いけど、綺麗で設備の良い安い賃貸に住みたい!

という方はそのあたりで調べてみると良いでしょう!

住むのは埼玉、千葉、神奈川って選択肢もある!

前述の項目にも似てますが、東京にこだわらず、千葉、埼玉、神奈川で物件を探すのはどうでしょう?

東京都周辺の県も軒並み栄えていて、交通網も東京まで伸びていることが多いです。普通運行のJRなどで東京に行き来することができるので、移動時間に目を瞑れば安くて施設のいい場所に住むことができるでしょう!

ただし、移動費はその分高くなるので定期代が負担できる仕事場であったり、高い頻度で利用しないと計画を立てましょう。

家賃が抑えられているのに交通費がかかりすぎて、お金が貯められないのでは本末転倒です!

街の様子を調べよう!優先したいことができる場所か考えよう

目的地以外にも住む場所が適しているか適していないか判断できます。例えば、通勤時間はどれだけかかってもいいから、静かな場所に住みたい。
料理好きでしたら安くて広いスーパーがある場所に住みたい。
お店で飲むのがすきなら、居酒屋が多い場所がいいかもしれません。

ある程度デメリットを飲み込んでも優先した事項があれば、それを書き出しておくと良いでしょう。この物件、なんか嫌だな。というようなモヤッとした感情を少しでも減らし、明確にしておくと

ここに住んだら何がやりたいのか。というのを明確に持っていると家さがしもはかどりますよ!

東京の家は意外と狭い!

もしあなたが地方で一人暮らしをしているなら、同じ賃料で家を探せば間違いなく東京で借りる家は狭いものになります。

引っ越しの際の荷物は気をつけましょう!

私の例だと、地方に住んでいるときから使っていたシングルベッドやクローゼット、食器棚を持ち込んだだけでかなり家が狭くなってしまいました…

内覧はしっかり行いましょう!

お部屋探しはまずネットで探してみよう!

不動産に行って家探しをするのもいいですが、まずは部屋の事前知識を蓄えるためにネットで探すことをお勧めします!

理想の部屋を頭の中でイメージを作ってから、不動産屋に行くと話がスムーズになります。遠くに住んでいる人や、対面での話が苦手な人にもおすすめです。当サイトでは以下のサイトを紹介しています。

「イエプラ」秒速チャットで探すワガママ家さがし
5

秒速で返事が帰ってくるチャットで探す家さがし!
全部チャットで完結するからお手軽に家さがしが出来ます!

「DOOR賃貸」であたらしい住まいを探そう!
5

スーモ、マイナビ等の大手サイトの物件をまとめて検索可能!
今なら、入居が決まるとお祝い金がもらえるキャンペーンをやってます!

不動産情報探しの最大手!「SUUMO」で住宅を探そう!
5

不動産情報探しの最大手!たくさんの情報からお気に入りの物件がきっと見つかる!